スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SEO対策】集客術①~検索上位表示への第一歩~

皆さんは、何かを調べたいときに、検索機能を使用していることだと思います。

検索に表示されるためには、ウェブクローラー「Googlebot」という巡回ロボットが世界中のサイト情報を集めて回っていますので、そのGooglebotに自分のサイトの情報を持ち帰ってもらい、検索結果の順位に入れてもらわなければ、表示されることはありません。

※ただし、検索順位の仲間に入れたと言っても、日ごろ皆さんも検索結果を何ページまで閲覧されますか?

 最初の1ページ目に興味深い内容のサイトがあれば、2ページ目を見ることはないでしょう。また、内容に満足できずに、次を探しに2ページ目、3ページ目と見ても満足できなければ、検索キーワードを絞り込み、もう一度検索をやり直すのではないでしょうか?つまり、現状ではあなたのサイトも検索上位にいなければ、サイトへの訪問者はないということになります。

しかも、クローラーは、WEBページ上の「リンク」をたどってやってきます。
公開したばかりのWebサイトは、どのWebサイトからもリンクが貼られていない状態なので、「Googlebot」のクローラーはやって来ることはありません。これでは、いくら立派なサイトを作っても、まだまだ陸の孤島状態なのですー。

当然、アフィリエイトで稼ぐためには、訪問者なしではお話しになりません。

だから、まずは、サイトの開設当初は、少しでも訪問者を増やすため(Googlebotにリンクをたどってきてもらうためも含め)には、入り口を増やす努力をしなければなりません。


そこで、まず、自分で広げられる入り口について2つご紹介しましょう。

一つ目は、外部リンクを貼ってもらうことです。

 以前は、外部リンクの数が多いとGoogle検索に有利という話しもあり、相互リンクをお願いして貼り合うということもよくありました。(その場合TOPページアドレス同士)
 しかし、今では、上位表示を目的とした相互リンクが必要以上に増え過ぎたため、数よりも質を重視するようになりました。

 相互リンクも自分と同じテーマのサイトであり、しかも、<head>タグなどのしっかりしたページから貼ってもらうこと、アドレスではなくサイト名やキーワードなどでリンクをしてもらう(「こちらから!」などはNG)、特に自分よりも評価の高いサイトから貼ってもらうことなどが最低必要な条件となります。

そして、今のGoogle検索は、コンテンツ重視の時代なので、同じ外部リンクでも、特定のページに集中していると、そのページにみんなの興味ある内容が書かれているコンテンツなのでは?という評価の対象になっているそうです。

 だから、将来的には、役に立つページ、コンテンツがしっかりとしたページに、自然と【参考サイト】として外部リンクが増えていくことが望ましいのです。 (※私の別サイトも、yahoo知恵袋、はてなブックマーク、おしえて!gooや、同テーマのサイトなどから参考サイトとして外部リンクを貼ってもらえるようになったおかげで、放置期間長くても10年以上訪問者が絶えずやって来る状態になれました。リンク増につれて、訪問者は、リンクページからも多くやって来ますし、検索上位表示1~3ページ目からのものが年々増加しています。そのためにも、やはり、コンテンツ重視のページ作成は、最大の強みとなります。)
 また、ブログについては「ブロとも申請」や「コメントや訪問履歴を残す」・「ランキング」などの活用で、入り口を作りやすいメリットがあります。そこから、ホームページに誘導するのもやり方の1つでしょう。(=「ホームページ」と「ブログ」の同時進行)


・2つ目は、自分のSNSなどで宣伝などをすることです。
ご自身のSNSで家族や知人などを通して広めてもらったり、ご自身でどんどん発信していかれるのもいいかもしれません。

以上のことは自分で頑張れる方法ですが、最終的にGoogle検索での訪問者増を目標とするならば、まずは、いち早くGoogle検索にサイトの登録をして「Googlebot」にクローラーをしてもらえるように手続きをしておきましょう。

また、クローラーが始まった後は、検索上位表示を目標にSEO対策にも力を入れていく必要があります。


では、なぜ、Google検索を基準にSEO対策を考えるの?


※それは、大手サイトの検索システムは、Google検索に委ねてられているからです。
・Google検索(https://www.google.co.jp/
・yahoo検索(https://www.yahoo.co.jp/
・goo検索(https://www.goo.ne.jp/

この3つの検索サイトで、同じキーワードで検索してみて下さい。


ほとんど全く同じサイト名のものが同じ順位で表示されます。一部違うところがあるとすると、
おもには、
・TOPページ冒頭にGoogle AdWords やyahoo広告が入っている部分のサイト表示
・yahoo検索には、yahoo知恵袋などをはじめとしたグループ内のページを上位に表示できるようGoogle検索の結果にフィルターをかけているところなどです。

 だからこそ、Google検索で上位表示できれば、他の検索サイトも同時に制したことになります。

また、逆言えば、このランク1つで、訪問者数がいきなり桁数の違うくらいの増減を繰り返します。

Google検索の順位付けに何を重要視しているかは公表していません。またその重要な要素も数か月ごとに見直しをするため、そのたびに順位が大きく変動することになります。(=売り上げの増減にもつながります)

その中で、今分かっている大きな要素は、「質の高いコンテンツ」と「ストレスのないページビュー」ということです。

つまり、Google検索は、「検索する人がストレスなく、より満足のいく内容を探し当てられるよう目指している」のです。

アフィリエイト報酬を得るための道のりが、だんだんと大変に思えてきましたか?

このアフィリエイトは、始めたらすぐにでも毎月の報酬が発生していくパートやアルバイトのような仕事とはスタイルが異なったものです。立ち上げ当初は、やらないといけないことが山のようにあるうえに、その労力に見合ったものがすぐにでも返ってくるものではありません。

しかし、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」と、言います。

サイトが軌道に乗るまでは、数か月間から1年以上かかることもあるかもしれません。

では、何を楽しみに辛抱して頑張れるかというと、

別ページの「アフィリエイトのもう一つの利点!」を、ぜひ読んでみて下さい。

自分でも楽しみながら、得をしながら、気長にコツコツと頑張っていくためのことについて書いてあります。

ここでも少し触れると、アフィリエイトには、他人が利用した報酬だけが認められるばかりではなく、自己購入も報酬の発生になるものが多数存在しています。

【自己購入が認められている一例】
※「A8.net 」より ☆スマホやインターネット回線関連
 ドコモ光
 @nifty光
 dヒッツ/初回31日間無料



☆有料放送関連

 映画・海外ドラマが見放題【スターチャンネル インターネットTV】
 31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】
 コメントが動画をもっと楽しくする【niconico】
       



☆生活関連
 コスモウォーターキャンペーン
 マンガ無料立ち読み
 アーティストグッズの買取なら【アーティストパーク】
 おためしセット(送料無料)
      



いかがでしょうか? ものによっては結構な自己報酬になるものもあります。

もちろん掲載した以外にもたくさんあります。
生活に密着した身近なものから試してみて、自己報酬もゲット!できるのならば、アフィリエイトのためのASPに申し込むのも悪くないのではないでしょうか。

その使用した結果の感想がそのままサイトにつながることもあるかもしれません。

アフィリエイト一年目は、辛く面倒なことばかりではありません。


まずは、A8.netの申し込みページはこちらから⇒

★また、ASPにおいて、すべての広告が「本人買いOK」というわけではありません。

掲載文を書いているうちに、自分も欲しくなるような商品もしばしばありますが、
魅力的な商品に限って「本人買いNG」ということもあります。

そんな時は、他人のサイトから購入しています。

他人のサイトと言っても、「ハピタス」のようなポイントサイトになります。

「本人買い」と同じ報酬というわけにはいきませんが、「報酬ゼロ円」よりとってもお得にゲット!できます。
特に、楽天やヤフーショッピングなどもポイント還元してもらえるので、
結構便利です♪

また、ポイントサイトの中で、ハピタスがおすすめな理由として、例えば、ヤフーショッピングは、ASPのバリューコマースでも「自己購入」できるのですが、「ハピタス」の方が「Amazonギフト券」などの電子マネーに交換する際に、少しだけお得な割合になっているので、あえて、ハピタスを使用したりしています。

こちらから登録すると、登録時に「30ポイント」もらえますよ♪
☆ハピタスへの登録はこちらから!>>>


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス






☆☆FC2 ブログランキングに参加しています。
この記事が役に立った!と思う方は、
上記のバナーをクリックして応援して下さいね!ヾ(o´∀`o)ノ☆☆
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。